【方眼紙】セル結合は悪なのか? 某有名人の発言

 某有名人が「Excelのセル結合はやめるべき」という発言をしています。そして、ビジネスの現場でも「セルの結合はやめるように」と通達されていると聞いています。ただ、セル結合をしないと今まで通りのレイアウトで文章は作ることが出来ません。

今回はこの問題の原因と、有名人の発言は正しいのか? という部分で掘り下げていきます。

セルを結合する

見た目のためにセル結合するのは良い

私の意見としては、最終的な文書としてセル結合売るのは問題ないと考えます。理由としては提出文書のデータは再利用されないからです。

某有名人がセル結合をやめるべきと言っているのは、データとして管理されている表のことです。

そのデータがセル結合されていると、フィルター機能が働かずにデータ分析出来ません。セル結合を反対する人はそれを懸念してやめるべきと言っています。

だから、印刷物や見るためだけのためにセル結合することは全く悪く有りません。

セル結合の例

文句が多いのならPDFで

Excelのセル結合が問題になるのは、最終的な文書をExcelで配布しているためです。当然、開けばセル結合が見えるため突かれるポイントになります。

最新版のExcelにはPDF出力機能があります。今までExcel形式で配布していた物を、PDFで配布すれば後でセル結合とか文句を言われることも有りません。

生データを求める人は例外対応で

ほぼ全てのスタッフは、分析された結果のみ知りたいだけです。だから、それが分かるPDF形式で問題有りません。数字や文字も普通にコピペ出来ますので簡単な流用は出来ます。

その一方で、フィルタリングとか使って分析をしたいと言われたら、個別対応としてレイアウトされていないExcelファイルを渡しておけば良いです。

某有名人の意図

その有名人って、ITエンジニアです。そういう人ほど自分で生データをフィルタしたりしてデータ活用したいわけです。だから、もらったデータがセル結合されていると悩むわけです。

しかし、世の中はそんなにITエンジニアまたはその気質の人はいません。ほとんどの人に対しては、生データよりセル結合されレイアウトされた書式の方が喜ばれます。

確かに、その有名人の主張も分かりますが、かなり少数派の意見なのでセル結合は悪という考えはやめても良いと考えます。

ただ、セル結合しないデータは楽

結論としては、

  • 生データはセル結合しない単純な表として持つ
  • 提出する書面としてのデータはレイアウトなど体裁を整える

です。手順としては

  1. 生データを罫線もない単純なデータとして入力する。
  2. フィルタリングやクエリでデータを分析
  3. 分析したデータをコピーし、セル結合などで体裁を整えPDFで配布

です。自分で所有する生データはセル結合しないで、提出するデータはレイアウトとしてセル結合です。

ミーハーなバカ上司対策

まあ、セル結合するな的な通達を出すリーダーや上司の考えは単純です。凄そうな有名人が発言しているというだけです。

もし、セル結合をするなと言ってきた場合は、理由を聞いて下さい。本当に生データを分析したいという意図があれば、生データやフィルタリング直後の表を渡して下さい。

一方で、理由を明確に言えない場合は、提出するデータは最終的なPDFデータで渡して下さい。

害悪は某有名人

この問題の害は某有名人です。正直、生データを分析したい人はごく少数です。その有名人ってITエンジニアであり、生データの取り扱いに慣れた人です。ただ、そんな人はごく少数です。

ということはこの話は、有名人が発言したニッチなテクニックです。例えれば、

「リセールバリューが良いから、プリウスよりフェラーリに乗ろう」

的な発言です。確かに三年間乗った場合はプリウスより金銭的に安いとのこと。しかし、こんなテクニックは全員に当てはまるものでは有りません。

セル結合は悪いという話もこのフェラーリのリセールバリューと同じかもしれません。話半分、ネタ的に聞いておけば良いし。悪とされるエクセル方眼紙もレイアウトとして使うには問題は全く有りません。

動画を見る(準備中)

縦長動画の編集、公開方法 Reel や shorts メタデータで動画を90度回転 ffmpeg

 動画といえばテレビ。だから横長で見るのが常識と言われていました。かつては2001年宇宙の旅で、情報スクリーンは縦になるだろう? と言われていましたが横向きのままでした。更にテレビのワイド化でエスカレートしていました。 インスタが世界を変えた スマホが普及してもスクリーンの使い方...