【ハードウェア】トラックボールを強くおすすめする理由

 パソコンと言ったらマウスは必須。当たり前だろと突っ込まれるほどマウスはポインティングデバイスの代表格です。ここまで書いてみましたが、この説明の意味が全くわからない人も多いと思います。

実はマウスみたいなデバイスのことを「ポインティングデバイス」と呼びます。そして、ポインティングデバイスにはマウス以外にも色々あります。マウス以外で有名なものに「トラックボール」があります。

トラックボールとは?

昔なら「マウスをひっくり返したような物」という説明が出来ましたが、今では更に混乱しそうです。

トラックボールは表面についているボールを転がしてカーソルを動かすデバイスです。マウスは主に腕で操作をしますが、トラックボールは指先だけで操作します。そのため、体の筋肉を使う量が少なく長時間の作業に向いています。


平面がない場所でも快適操作

マウスを使うには広い平面が必要です。事務所などの机だと良いですが、生産現場のような机がない場所だと操作が困難です。そのときにトラックボールを使うと非常に快適です。理由は置いたまま使えるというところです。こんな、メタルラックに置いて使うことも出来ます。

メタルラックに置いても操作可能

トラックボールにも種類がある

1つ目が大きいボールを人差し指と中指で操作するものです。親指でクリック、小指で右クリックです。ボールが大きいので慣性が働き素早く操作出来ます。また、人差し指と中指で精密な操作も出来ます。

大玉を人差し指と中指で転がす

2つ目は小さいボールを親指で操作し、人差し指でクリック、中指で右クリックをするものです。ボールが小さいので素早い操作は出来ません。また、親指でポインターを動かすので精密な操作も苦手です。その一方でボタン操作はマウスと変わらないので早く操作になれることが出来ます。

マウスに似た感じで操作できる


最近では家電量販店でも取り扱いがありますので、興味のある方は是非チェックして下さい。


クラウドを使わずにバックアップが安心 ROBOCOPY と バックアップの習慣化

 皆さん、ファイルのバックアップは作成していますか? 私が聞いた限りでは「誰もやっていない」というのが正直なところです。ただ、そこまでパソコンというデバイスを信用しているのは怖いところです。 「良い道具は一生物」という言葉があります。実際、工具類は良いものを手に入れれば一生涯使え...